HATE ALL

葬色

White Magic,Black Noise

Think for yourself,Learn to swim,Let go&Spiral out,Keep going!
<< 佐藤俊夫 | main | スターリンギアイベント >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
築地市場場内潜入
始発で築地に行きました。
よい天気だったので遠くの駅まで30分ほど歩きました。
老人みたいな風景ですが、とても気持ちよかったです。

築地の駅は降りる人がいっぱいいました。
半分くらいたぶん築地で働いてる人でした。

場内は床が常にびしょびしょなので、汚れてもいい格好がベター
という情報を仕入れていたのでライヴ服で挑みましたよ。正解でした。
チェックしていたラーメン屋を最初に見つけると立ち食い外食いでした。
みんなこんな感じなんですか…?あせあせ。

築地場内は一般人も入れるという情報があったので入る予定でしたが
実際正門からターレーが中国のように入り乱れ、邪魔にならないよう歩くのも必死。いや、でも、とても入れる雰囲気じゃあぜんぜんない!!男の世界プンプン!
ぜったい入ったら怒られるよーーーとビビっていた私でしたが
覚悟を決めてずかずか入りました…

あ、正門内に吉野家1号店を発見。ここはずっと牛丼を出しているそうです。
吉野家

そのまま市場!の雰囲気に案の定「何もんや?」的な目線。笑。すんませんすんません…
心の中で平謝りながら場内のびしょびしょの道を買い付けの人のようには
歩けず、止まったり、キョロキョロしたり。
でもいろんなお魚の本来の姿を見ることができました。
魚って大きいんだなー。
この辺ではまーったく写真を撮る余裕なんてなかったです。
立ち止まってるだけで邪魔なので、じっくり見たい場所は何周もするのです。
びちびち動いてる魚を大きい包丁でドーン!とやっちまうシーンやらもみました。
かさごとか、巨大な貝とか、穴子とか、名前も知らないお魚天国。

奥に進むと倉庫みたいな建物が見え、「見物人入り口」みたいに書いてあり、
おお、ここが私の進むべき道だ。とターレーや木の車にひかれそうになりながら(ほんとに中国みたいなのです。一瞬も気を抜けません)
倉庫の入り口までくると凄い冷気だよ、とーさん!
ここはまぐろの冷蔵庫みたいな寒さの、取引所みたいな倉庫でした。

まぐろ

↑まぐろがカチコチに凍ってます
うわー。これだよ、これが見たかったんだよ!!
何やらまぐろの尻尾を切った断面で品質を見抜き取引している模様。
見物客は私達以外ほとんど外国人。ビデオまわしたりカメラで写真撮ったり。
私も慌てて撮りました。ノンフラッシュならOKだそーです。
いやー、男の職場を荒らしてきましたよ。
とても楽しかったです。

食事はその後だったのですが、
大和寿司や寿司大はすでに行列。でも市場が見たかったので
後悔はしませんでした。だいたい今回は握りじゃなくて
海鮮丼が目当てだったのです。
そそくさと前調べしておいた仲家さんへ並びました。

仲家

大泉洋はどこにでもいますね。
開店し2ターン目で入れたのですが、どっきどきのカウンター。
うにとろいくら丼をオーダー!
とろが…うにが…めちゃくちゃおいしいいいいいい。(泣

後から横に座った若い兄ちゃん一行がぎゃーぎゃー騒いで
写真を撮ろうとすると職人に「撮影は禁止!」と一喝されてすっきり。
そう、撮影禁止のお店が多いです。
そんな必要がないくらい大盛りでございます。

いくらはそんなに好きじゃなかったのに一緒に入ってるのを頼んでしまったので、次はトロとウニだけにしてやる!と心に決め、大満足でお店を後に。
銀座まで歩いて(というかすぐ横だし…)
ターレーが銀座ギリギリの所までいた風景がとても違和感ありました。
かたやネジリハチマキのおっちゃんの世界なのにすぐ横が銀座だもんなー。
こじんまりしている東京への感想を聞いて私も改めてそう思いました。

あ、場外ではアニー伊藤ことテリー伊藤さんのお兄さんの
玉子焼きのお店の前を通って、アニーいないかな〜?と見てると後ろで
ガハハ!としゃべっていました。大きい人でした。ハチがハンパじゃない。

地元駅までもどってお参り。
朝早かったのでなんと人がぜーんぜんいない!!
いつも撮れない入り口の写真撮影に成功。わーい。
いつもより気持ちも締まってお参りができました。
帰って寝たけどね。笑

やーまた行きたい。
早起きもたまにはいいものです。
| 見なくていい | 03:45 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 03:45 | - | - |
コメント
コメントする









/


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
/


Entries
Comments
Categories
Archives
Links