HATE ALL

葬色

White Magic,Black Noise

Think for yourself,Learn to swim,Let go&Spiral out,Keep going!
<< FAITH! | main | フレッシュレスバーガー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
HYDE TOUR 2006 「FAITH」初日レポ
セットリストをちはやから貰ったので記憶を辿ってレポ!
長いです。


ステージには幕。
会場アナウンスの「HYDE体調不良にて本日の公演は中止します
の声に一瞬自分もエッって思って相方ちーを見るとニヤリとしてたので
そうか、今日は!と。
会場の知っててエーの声の演技が素晴らしい。

かわりましてサルバドス・パンチョスのライヴをお楽しみください
とアナウンスが入り、幕が中心からちょっとだけ開くと
そこにはベサメムーチョな小さいおじさんがポンチョにメキシコ帽子を
被り上にはアメディオのぬいぐるみを乗せ
大きいサングラスと鼻の下のつけ髭、そしてアコギを持ち

はるか〜〜〜そうげんを〜〜〜
ひとつかみのくもが〜〜〜

と歌いだす。母をたずねて三千里のオープニング曲
「草原のマルコ」って曲名。何でマルコ?何でメキシカン?(笑)

HYDEさんらしきおじさんはギターはまったく弾いてなく、アテフリ。
歌は歌ってたかもだけど、途中マイクからかなり離れてたし口パクかも。
まあそれがHYDEだと思うに時間はかからなかったけど
それでもその凄い井出達にとっても違和感があって
すぐそばにいるのにキャーって感じはなかったな。
なんか、とにかく小さい!って実感。(笑)

「さぁ!出発だ!」のサビの部分で
横から他の4人が出てきて
HYDEの両サイドにぴったりくっつき歌い出しました。
上手からアコギのKAZ、マラカスのFURUTON、HYDE、相変わらずバケットヘッドみたいな仮面をつけてる仁さん、HIROKI。
後半ステップを5人できめて、かわいかったです。
曲が終わりさっと幕が閉じる。

* * * * * *

お着替えタイムでしょうか、数分の後SEが流れる。
エヴァだ!って思ったので、エヴァに流れてた…クラシックの…
第九の歓喜の歌でした!(咲良さんサンクス!)

幕が開くとジーザスの張り付けの絵がステージの背景に大きく描かれ
ジーザスの頭の上にギリシャ文字みたいなので何か書かれていました。
もちろん読めません。


下手からメンバー登場。さっきとぜんぜん違う雰囲気。
HYDEはFURUTONの方を向き、煙草に火をつける。
煙が上へのぼっていく。
そう、今回ステージの小物でドクロだったかな?の灰皿がドラムと
ベースの間に設置されてました。


【HYDEの衣装】
ピタピタの白Tの上にDDのベスト、パンツがダメージ加工のパンツはD&GかD&Gのキーホルダーだけつけてるのか。靴は黒くちょっとだけ厚みがあるソールのものでマーチンみたいな縫い目もあったけどマーチンじゃなさそう。左手首に革のバングル(かっこよかった)ダビデの指輪、右手は中指に黒い平べったいリングのみ、かな。髪の毛がだいぶ伸びたなーって感じで、しかもセットはまるでしてない。
寝起きのようなボリューム感でした。だいぶ茶色い。
ジャガーを装備。アンプがディーゼルになってたけど前からだっけ??マイクスタンドに予備のピックが3枚。黒地のHYDEオリジナルピックでした。


KAZは上下黒だったかな。いつものように腕を出してました!
KAZはZodiacのメタルトップ(ZTC-MT II 2H " The Dead ")。
FURUTONは2曲目位から黒のタンクトップになってましたがその前何着てたか
記憶に残ってません。HIROKIは太った!!!輪郭が〜〜。いつものパンキーな格好だったと思います。センターからややKAZよりにいたのでHIROKIはほとんど見れなくて、アンプはアンペグだったかな。



1.SWEET VANILLA
アルバム666から!
HYDEさんがものすごい頭を振り乱してギターを弾いていて
その気合が。初日の気迫を感じる事ができたんだけど
あまりのネックの揺れぶりにちょっとニヤけちゃいました。
ギターのストラップが新しいのになってて、ベルトのような2穴の
ふっといやつでした。ハロウィンの時からかもですが。
KAZも似たようなのでしたね。
1曲目から盛り上がりました、私も!
HYDEさんは人差し指でチョイチョイと煽ってました。


2.THE OTHER SIDE
この曲はそうやってわざと歌ってるんだろうけど
すごいダミ声で、ちょっと後半…うう〜ん。
KAZのギターがとても大きく、HYDEのギターはあまり聞こえなかったです。

HYDEのギターの調子がおかしかったのかテクニシャンが出てきて
ギターのつまみをくるくるHYDEの横でまわしてました。

KAZは確かめるかのようにスピーカーの前でかがんだり時折しながら
ステージ前方へ出たりと結構動いてました。


3.WORDS OF LOVE
なじみ曲ばかりで嬉しかったです。
最初のサックスは入れてなかったです。
次からは入ってたと思います。
最後のKisskisskissではお決まりの投げちゅー。
この曲もガラガラ声。


MC

2年ぶりのツアーで…
長いツアーで…
なが〜いせっくすしよーぜー


とかそんな感じでした。
客席の声に結構反応してました。

男が結構いて嬉しいぜー!!
あのこれ
(パソコンをうってるしぐさ)だと
びー?
(BBSといいたかったらしい)
男か女かわかんないもんね。

4.COUNTDOWN
これがヒドイの!
KAZのマイクが!!!はいってねー!!むきー。
ぜんぜんカウントダウンが聞こえなかったです。
がく〜〜〜ん。
KAZもちらっと横見てたもん。
で、2コーラス目では聞こえたけどかすかに程度でした。
で、ほんとにHYDEのギターはきこえません。
いいのかな。(笑)


5.EVERGREEN (DIST.)
CDのこの曲ではHYDEが全パート演奏してるんじゃないか説を唱えてますが、
裏付けるかのように、ライヴでは演奏がまるで違いました。
ベースはAメロとかとても良かったな〜〜〜。

6.新曲(I CAN FEEL)
FURUTONがヘッドフォンを装着。
イントロに聞き覚えのあるような感覚…。
聞いているとKAZだーKAZだーってどんどん確信してくる。
KAZ曲だと思います。
やっぱりKAZ曲っぽいな〜と思う曲は一瞬KENが歌っている姿を
重ねてしまいます。オブリっぽい。
ぜんぜんアメリカロックじゃなくて。
KAZがHYDEに新しいジャンルを与えてくれたのは嬉しい事だな。

この曲はHYDEの歌い方がとてもよくて、やたらと
I can fell〜〜〜〜〜〜I can fell〜〜〜〜〜〜
って歌うので、「I can fell」と覚えてたんですが
曲名もそのままなんですね。
で、まあ、後半の大サビでですね、
すごい伸びのよいヴォーカルが聴けましたよ。
HYDEに久々に神々しさが!!!!(涙)
ソロではこの感じはずっとなかったのですが
REALIVEの時のSilent Letter時のような姿がはっきりと!!
それがとても印象的でした。
HYDEもかなり入り込んで歌っていたと思います。
歌がうまい。当たり前だけど。よ〜〜〜〜〜く伸びてました。



MC

新曲よかったよ!の客席の声に
そうそう。と頷いてました。
水まいてくれたのここだったかな〜

宇宙で一番に新曲が…聴けて幸せだね。
小出しにしていきます。


って言ってたような。

とにかく頭がボサボサで、絶対雑誌に載るなら2日目か、
今日なら1曲目までの画像しかないと思います。
ほんとに!!(笑)
でもそれがまたかわいいの。
罪な人だわ!

7.HORIZON
センターに出てきてくれて、すごい近かった記憶しかありませぬ。

8.新曲(MADE IN HEAVEN)
ノリノリのロケンローナンバー!
知らなくてもかなり盛り上がりました。いろんなリズムがあったな〜。
これもKAZ曲…かなぁ〜〜?
KAZはFURUTONのところへいったりステージを左右に動いてました。
あのステップは見れなかったけど。
ギターうまい!当たり前だけど。(笑)
それ以外いいようがない。(笑)


9.MASQUERAIDE
イントロはじまるまえにKAZが目の前に!!
ギャー!!KAZ−−!!とかみんなで騒ぎまくってたら
KAZより「しー。」のポーズ。す、すんません。(笑)
そしてMASQUERAIDEのイントロがーーーー!!!
目の前でえええええ。かっこえええええええ!!!
素敵ーーすてき〜。
HYDEはセンターでMESS!の部分をあわせる。(MESSだっけ?笑)
は〜。KAZ祭りだった〜。


MC
ロンドンで気に入ったギターがあったんだけど
そこでは結局買わなくて、日本で、インターネットショッピングで…
いや、ちがうか。問い合わせして。買いました。
かわいこちゃんです。
しばらくこのかわいこちゃんの音色を聴いてください。

とその新しいアコギ。
ネックにコブラのステッカーが貼ってありました。
穴がふさがれていたのですが、聞くとハウリング防止らしーです。
Zodiacのだと思うんですが、定かではありません。
とってもシンプルなギターでしたねー。


10.新曲(PERFECT MOMENT)
この曲はあんまり記憶にないです。
アコギ曲なのでスローな感じだったとは思うのですが。


11.SHINING OVER YOU
これもHYDEはアコギで。
この曲やるとは何となく思ってなかったのでビックリ。
いい声でした。
一番最後のさよならを言ってくれずに残念。
あそこの伸びと、ドラムのスネアが絡むところがすきなのにっ!


MC
ジャンケンしてFURUTONがMC。
メンバー紹介してました。
最後、「スーパーボーカリスト&ギタリストHYDE!
って盛り上がって、そのあとHYDEがFURUTONを紹介するかと思ったのに
しなかったよ!!し、しどい!!

HYDEのFURUTON紹介しない事件は私が覚えてるのでこれが2度目だよ!!(笑)
FURUTONがかわいそうだよ〜〜〜。しくしく。


いくぞ〜〜〜うお〜〜〜!とかHYDEさんは客煽り。
そーたさん…ごめんね…(笑)


12.HIDEAWAY
盛り上がりました。
ライヴで結構好きになった曲です。


13.HELLO
ここでKAZがKAZモデルの黒に赤ラインのESPのギターに
持ち替えたかな?ここかHIDEAWAYで持ち替えてます。ギターはこの2本だけ。
KAZがですね、また目の前でかなり長い間ずーっと弾いてくれて
その弾き様に目は釘付け、音に胸きゅん。で、泣きメロ。あーーーーもー
嬉しくて最高の時間でした!!!KAZ〜〜。
HYDEさんが今まで同様HIROKI位置で歌ってたかは
…見れなかったのでわかりません。

HIROKIも途中で目の前にきたんだけど、
顎のラインが超絶にヤバくて、
横浜アリーナくらいではやせてる事に期待します。

あ、ライヴ後に聞かれて初めて意識したんだけど
後半の、♪声が 今〜 響いてる〜♪
の所。ライヴではブレイクしてるよね?
当たり前のように聴いてたけどたしかにCDじゃーブレイクしてない!
ビックリしました。それくらいライヴバージョンの演奏が染み込んでる曲。




14.PRAYER
KAZが下手から、666ツアーではHYDEがやった、あのちょっと弾きの
繰り返しをやってくれました。下手で弾いては歓声をチェック。
中心、上手、と3度弾いて、曲に入る。
ぬおー最高。
とてもグルーヴィでした。この曲はライヴ曲だな〜と思います。
KAZとHYDEが同じパートを弾いていても…んぐぐぐ


15.MIDNIGHT CELEBRATION
続いてこれ。
この曲が入ると最後かなーって感じがします。
最初を客席に歌わせる。
HYDEは弦をピーーンってはじくやつをサビまでずっとしてて
それだけかい、とちょっと笑った。
サビになって天井から地下室の電球みたいなのがぶら下ってきて
ぶら〜んぶら〜んしてました。

メンバーはける。


* * * * * *

Encore

入場してきたところで、私はギブアップで抜けて横でしばし見てました。
なのでMCとかぜんぜん覚えてません。


16.新曲(MISSION
HYDEはアコギで。スローテンポの曲でした。
途中で水をもらいに行くわたす。

17.SEASON'S CALL
書き忘れていた!(笑)
この曲は大好きなので、どうしても聴きたくて
へとへとで水を外で飲んでるとイントロが聴こえたので
走って会場に入りました。
すごく良かった〜。広がりのあるいい曲だと思います。

MC

さっきの新曲、仮タイトルがミッションで、
本番もミッションになりました。


とかそんなことを。

ほんとうはここで終わるハズやったんだけど
1曲追加でやります

みたいに言ってました。

本当に急遽だったみたいでしばしメンバーが
中心でミーティング。
ここでHYDEがかな〜〜〜り関西弁でした。かわいいっ。

18.新曲(IT'S SAD)
すごい激しい曲でしたよーーーーー!
バスドラが、ベースが、すんごいどるんどるんいってました。
いやーーこの曲も良かった!

MC
ここもかなり関西弁。

次は君の街に!

って所しか覚えてません。


(すごい感動したのに忘れてたMCを追記)

最後は、こんなに広い宇宙で、出会えた奇跡を、、歌った曲です。


19.UNEXPECTED (DIST.)
この曲やるとは思わなかったなー。
666と同じ終わり方か〜とちょっと残念でしたが
なかなか良かったと思います。
この壮大な感じは666よりもニューアルバムの方に
近いのかもしれないな。


いつかのブリッツの時よりオーディエンスの状態はとてもよくなってたと思います。
歌ってる人はいたけど…(笑)
なだれとかなかったし。
まあ私は体力の限界で抜けましたが
倒れてる人とかはいなかったんじゃないかな。
良いことだと思います。

ニューアルバムは期待大!!
アメリカとヨーロッパのいいとこどり、みたいな感じが
なんとなく伺えるのです。やっぱKAZの存在は大きいなー。
次は5月なので楽しみです。ZEPP東京もやってほしー。
アリーナクラスよりもハコがまだまだ似合う感じがするんだよな〜〜〜
だからせめてZEPPで見たいどす。
| LIVE | 23:15 | comments(4) | - |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - |
コメント
土曜日は乙でした〜!
シュクレで会えてよかったです。

母をたずねて三千里の歌詞は逆さに歌ってたらしいよ。よくわからなかったけど(笑)
で、オープニングのSEは第九じゃなかったっけ?
年末に大合唱する曲。

FURUTON紹介ないの寂しいよね(笑)
| ゆんきー | 2006/04/03 1:40 PM |
土曜はおつかれさま〜!
そっちのテーブルのニューズメーカーが気になったよー(笑)

母をたずねて三千里の歌詞をさかさまって
どんな歌詞だったんだろうね!(笑)
うくくく。

オープニングはそう、第九だったね!
歓喜の歌。
咲良さんにも同じように教えてもらいました。
てへ。


フルトンの紹介がなかった時のフルトンの顔が
ちょっと寂しそうでしたです。うへん。
2度目だからね!(笑)
次やったら許さないっす!(笑)
| よ | 2006/04/03 2:42 PM |
HYDEライブ、お疲れサマでした。
yo-koさんは初日だったんですね。私は2日目でした。
なんか初日はスペシャルがあったみたいで。いいな〜。
私もマルコの逆さヴァージョン聞いてみたかったですよ。
今回私もKAZ側で見てました。ってか完全にKAZ前です。
すっごいかっちょよくて、やばかったです。
HYDEさんが見れない時はKAZに完全にのせらえてました。
しかし私の体も1時間のようです(笑)
アンコールなんとか頑張りましたが、
最前ブロックだったのでかなりきつかった〜。
| あっこ | 2006/04/03 11:04 PM |
あっこさん、2日目参戦お疲れさまでした〜。

私もあっこさんのレポ読んできました。
HYDEのMCに泣きそうになりました。

初日でもUNEXPECTEDの前に
同じことを言ってたことを思い出しました。
あとで付け足しておこう…

こんな広い宇宙で、出会えた偶然。
本当に不思議ですよね。
すべてのことに意味があるなら
この出会いは何を?って考える事が
たまにあります。

HYDEの考える事は最近とっても深いですね。

ああ、続きはあっこさんのブログにかこうっと。(笑)
| yo-ko | 2006/04/04 10:57 AM |
コメントする









/


Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>
/


Entries
Comments
Categories
Archives
Links